一人一人が意識してビルの省エネ化を目指しましょう

作業員
病棟

かっこいいお店が理想

お店の内装や外装でターゲットや利用客数が決まるので注意しておきます。うまく理想とするターゲットに合わせてデザインしてもらいたいなら店舗デザイン会社がおすすめです。ここはプロデザイナーが店舗デザインしてくれるうえに、施行会社まで探してくれます。

エコを意識した建物へ

ビル

無駄をなくしてできること

建物の維持費を削減する試みの一つとして、ビルの省エネ化が注目を集めています。ビルの省エネ化とは、建物内で使われている電気製品などを見直して全体での消費電力を減らすというものです。それによって電気コストが減るだけでなく、無駄な設備をなくして経費や維持費を減らせるのが特徴です。主な見直し点としては、オフィス内の照明や空調設備などがあります。照明については設置されている数を減らし、少ない照明でも十分な明るさを確保できるよう調整します。従来から使われている蛍光灯をLEDに変更し、省電力化を図る方法もよく採用されます。空調設備は使用時間が長いため、こまめに停止させるなどして省エネを実現します。ビル全体に熱循環システムを導入し、総合的な改善を図るケースも見られます。いずれの場合も、利用者の意識改革が重要である点が特徴です。

エコロジーを進める技術

ビルの省エネは、利用者が工夫して自社内で行う方法と、外部のサービスを活用して新しいシステム導入を検討する方法とがあります。自社内で行える工夫としては、照明の一斉消灯などが有効です。昼食時など仕事をしない時間帯は照明を消すようにしたり、決められた日には社員全員が定時で退社するのも節電につながります。節電用のツールを使うと、どこで無駄が発生しているのかを確認しやすくなります。ビルに固有の条件などを入力するだけで、最大電力需要やそれに対する節電の効果などを算定できるのがメリットです。視覚的に表示してくれるツールを使えば、減らせる無駄も見つけやすくなります。ビルの省エネに詳しいコンサルタントを活用するのもよいでしょう。豊富な実績を元に無駄がある箇所を発見し、改善に向けたアドバイスを与えてくれます。

作業者

環境を改善する

クリニックに多くの患者が訪れるようにするには、環境改善がお勧めです。清潔感は重視しましょう。見た目の印象だけではなく、内装や設備も整えることをお勧めします。そのためには、リフォーム業者などのプロからの意見も参考にしましょう。

お店

設備を整えよう

自社ビルを建てた方が法人にとっては効率的です。自社好みにできるからです。設備も自由に整えられます。一方、高層ビルにテナントとして入るのなら、他のオフィスとの協力が必要です。仲良くしておいた方が無難です。