設備を整えよう|一人一人が意識してビルの省エネ化を目指しましょう

一人一人が意識してビルの省エネ化を目指しましょう

男の人

設備を整えよう

お店

自社専用を建てよう

会社が大きくなってくると、自社ビルを建てることがあります。その方が自由にその会社の思い通りの環境にできるため、効率的です。設備も納得のいくように整えることができます。そこで、ある程度の資金が貯まったら、自社ビルを建てることをお勧めします。これには立地場所選びも重要です。駅から近い方が何かと便利なので、交通の便から考えてみましょう。一方、元々、自社ビルを所有していてもだんだんと古くなってくるものです。リフォームが必要になってきます。そんな時にも設備の改善をはかってみましょう。例えば、バリアフリーにした方が高齢の社員雇用や障害者雇用などもしやすくなります。空調管理やセキュリティ面の強化などもお勧めです。

テナントとして入る

自社ビルを建てるほどまでに成長していないという中小企業は、まず、高層ビルのテナントとして入ることをお勧めします。何階のワンフロアなどを借りることができるので、いろいろなオフィスと仲良くする必要があります。場合によっては、全く異業種の企業と提携を結ぶことができるかもしれません。お互いに異業種に参入することでメリットとなることもあります。また、いろいろなオフィスが入るからこそ、何かと協力することが大切です。例えば、外壁塗装をすることになった時など、一斉に行われることがあります。そのビルの避難訓練やメンテナンスなども一斉に行われることがあるので、他のオフィスとは仲良くしておいた方が無難です。テナントとして入るのなら、事前に他のオフィスの評判も調べておきましょう。